新生児聴覚スクリーニングについて
目  的
 先天的に聴覚障害を持つお子様は、1000人に1〜3人と言われていますが軽・中度の障害は2・3歳になって言葉の発達の遅れとして発見される事がほとんどです。近年では、生後2〜6ヶ月程度から補聴器を装着する事により、通常の言語能力を獲得する事が可能です。当院においても早期発見を心がけ、全例を原則に聴覚スクリーニング検査を実施しております。
希望されない方は、お申し出ください。
結果については、精密検査が必要な方に限り、1ヵ月検診時にお知らせします。